会計システムの管理関連情報

HOME無料トライアルでイメージを固める

最終更新日:2017/09/13

無料トライアルでイメージを固める

顔のでかい男性のイラスト

今まで使っていなかった会計システムを企業に導入することはとても勇気がいることです。趣味範囲でアプリを利用するのとはわけが違いますし、もし不具合があった場合の損害などを考えると恐ろしいです。また、会計システム自体についていけず、せっかく導入したのに、従来と変わらない会計のやり方になってしまったという声も聞きます。社内で今までと違ったやり方を取り入れるにはどうしても、賛否が付きものです。
大企業となれば、少数の意見を取り入れてる暇などありません。「郷に入っては郷に従え」ということわざもあるように、新しいルールやシステムに従わざるをえなくなります。そうなると、従業員のやる気や業務の効率が下がり、ミスが連発しやすくなります。導入後にそんなことが起こってしまっては、作業を効率化させるのつもりで導入した会計システムの意味を成さず、本末転倒です。そんな事態を避ける為に、無料で会計システムがトライアルできる企業も増えています。期間も60日間~3ヵ月など、企業によって様々あります。
無料トライアルをする前に資料請求をして本当に求めている会計システムの内容と相違が無いか確かめておくことも重要です。むやみやたらに無料トライアルしても意味がありません。無料トライアルだからと言って適当に決めるのではなく、実際に導入するイメージをしながら会計システムを選びましょう。無料トライアルで大体どのよう会計システムを使って作業の効率を上げるか、会計システムにどのような内容が備わっているなど実際に使ってみて分かることもあります。もちろん、無料トライアルを試して合う合わないも出てきます。
もちろん、合わなければ無理やり契約する必要はありませんし、違う企業が出している会計システムの無料トライアルを試すことができます。期間中は思う存分会計システムを駆使して、作業の効率化を図ってみましょう。中には無料トライアルと謳いながら自動更新されてしまい、費用を請求する企業などもあるので、無料トライアルの期間はしっかり確認しておきましょう。無料という落とし穴にハマってしまうケースもあるので、事前にしっかり確認しておくことが肝心です。複数の会計システムを利用してみて、一番使いやすいものや、システムの内容を比較してみて、実際に導入する会計システムを決めるのも賢い方法だと思います。無料トライアルを気に入って、本番稼働する際に無料トライアルで使っていたデータをそのまま利用できる会計システムもあります。

一覧はこちら

会計システムの管理ランキング

TOP