トップ > わきがの手術について > わきがの手術は改善に繋がるかどうか

わきがの手術は改善に繋がるかどうか

ワキガによい効果があるものは色々とあるのですが、根本的な効果があるというものではないです。
例えば酢がよくいわれますし、ワキガクリームなんてものも売っていますからそういうものをつけていくということは臭さを抑えるということには向いています。
それは間違いないことであるといえるでしょう。
そこで重要になってくるのは抜本的な改善をするためにできることを知ることです。
それはまず手術でしょう。
ワキガの改善手術というのがありますからそういうものを検討してみるというのも良いでしょう。
間違いなく、外科手術になります。
皮膚から何かをするというようなことではなく完全に脇を切開してその中にある特定の汗を出す器官というのを取り除いてしまうというようなことをやります。
これが最適な方法となるわけです。


そもそもどうしてワキガの臭いが出てしまうのか、ということになりますが、これはアポクリン腺というところから出ている汗が問題になっているわけです。
これは別に脇に限ったことではないのですが、まず腋が最も臭いとされている部分になります。
ワキガとは実はほぼ体質でもあります。
つまりは、このアポクリン腺というのがあるかどうか、どのくらいの量であるのかということによって決まるわけで、これはほぼ生まれつきになります。
ですから、外から改善しようというのはかなり難しい部分になります。
だからこそ、脇の切開手術をすることによってその汗腺を取り除くということができるようになります。
これによって脇に対する汗というのはかなり抑えることができるようになりますから結果としてはワキガが改善されるということになるわけです。


わきがに関することは様々な対策の方法があるといっても過言ではないですが、最も抜本的なことになるのが脇の手術になるといえるでしょう。
脇に切り傷が残るということもあります。
もちろん、今はかなりキレイに仕上げることができるようになりますし、そこまで目立つことはないでしょう。
汗が出るからわきがの特殊な香りを出してしまうわけですから、その汗を出す汗腺からアプローチするというのはまさに抜本的に改善になる方法であるといえるでしょう。
問題は費用と身体に対する負担、そしてさらにいうのであれば副次的なこととして汗腺を取り除くわけですから、他の汗腺に負担が多くかかるようになるということでしょう。
こればっかりは身体に関することですから仕方ないです。
手汗がよくでるようになってしまうという例が報告されています。

次の記事へ